映画『Shall we ダンス』で深まる理解

日本での社交ダンスへの理解

映画『Shall we ダンス』が1996年に公開され、爆発的な人気を博し、
日本で一般的に社交ダンスに対する理解は、これで格段に高まりました。

 

そのあと、芸能人などが社交ダンスを踊る番組も話題となりました。

 

一方、欧米ではすでに、子供の頃から社交ダンスを習い、
家庭の中でダンスパーティが日常的におこなわれています。

 

その子供たちは社会人になれば、
週末にはダンスパーティが家庭・職場・近隣・学校などで頻繁に催され優雅に踊っています。

 

また、企業・政界・財界でも、国際会議の合間や後などにもたびたび開かれています。

 

社交ダンスが「社会との交わり」のひとつとなっています。

社交ダンスをもっと広めるには

社交ダンスへの理解

日本でも社交ダンスが「社会の交わり=社交」となりつありますが、
これからの高齢化社会では、ますますその役割が重みを増すことになるでしょう。

 

そのためにも「公民館ダンス」の裾野を広げていく必要があります。

 

また、社交ダンスがオリンピックの種目になろうとする機運もあるようです。



 

社交ダンスを始めるには| あなたの知らない健康茶健康ライフのヒント集 | 和食のイロハ | 中高年からの筋肉作り