すぐ疲れるのは悪い姿勢のため。

悪い姿勢のもたらすもの

悪い歩行姿勢

 

大股で膝を曲げ背中を丸めて歩くと、早く歩かなくともハムストリングスが中心に使われ、ヒラメ筋は使われずに代わりにヒラメ筋より遅筋が少ない腓腹筋も使われることになります。

 

 

つまり、歩き方が悪いと、
本来は遅筋を中心に使って歩くところを速筋を中心に使って歩くことになります。

 

 

そうなると、同じ距離、同じ時間を歩いても、膝を伸ばして背中を真っすぐにした正しい姿勢で歩いている人より疲れることになります。

 

 

大股で膝を曲げ背中を丸めて歩く悪い姿勢で歩いている人は、早急に歩く姿勢を改善することが将来的に歩行能力を長く維持できるかどうかのポイントになってきます。

 

足の裏のアーチと歩行不足

 



 

だから、歩くのがいいあなたの知らない健康茶自重筋トレのススメビタミン・ミネラル活用事典ロボット知り始め