歩行にかかわる筋肉群の低下

歩き方で筋肉作りを考えよう

歩行にかかわる筋肉群の低下

 

一般的に、中高年でなくともちょっと歩くと疲れてしまう人と、長く歩いてもほとんど疲れない人がいます。

 

実は両者の違いはその歩き方にあります。

 

人間の営みの中でもっとも重要なのは自分の2本の足でしかと立つことであり、立った姿勢から前進する「歩き」なのです。

 

 

しかし、現代はその「歩き」がどんどん減ってきています。

 

必要最低限の歩数だけですべての生活ができてしまう状態なのです。

 

原則として、使われない筋肉の筋力は低下するのです。

 

歩くと疲れてしまうのは、歩く機会の減少と、歩行能力自体が衰弱しているからなのです。

 

「歩く」という行為には、ほとんど全身の筋肉が使われています。

 

歩行時に推進力として使われる筋肉は、全身の筋肉の3分の2が使われています。

 

全身の筋肉は400種類ありますので、その約260種類の筋肉が歩行時の推進力として使われているのです。

 

「歩く」ことほど使われる筋肉の数が多い日常動作もありません。

 

 

歩くとすぐ疲れてしまうという人というのは身体のどこかの筋肉が不具合が生じていることになります。

 

悪い歩行姿勢

 



 

だから、歩くのがいいあなたの知らない健康茶自重筋トレのススメビタミン・ミネラル活用事典ロボット知り始め