カルシウム補給で骨量の減少をくい止めよう

骨を養うカルシウムとビタミンD

 

カルシウム補給で骨量の減少をくい止める

 

カルシウムは、丈夫な骨をつくるために欠かせない栄養素です。

 

万一転倒しても、衝撃に耐えうる強い骨があれば、骨折のリスクはグッと低減します。

 

また、カルシウムは強い歯をつくります。かむ力は何でも食べて体力をつける基盤となるだけでなく、脳への刺激を高めて認知機能低下を防ぐことにもつながります。

 

カルシウムの大部分は骨と歯に存在しますが、一部は血液や筋肉中にあり、体をスムーズに動かすために使われます。

 

これらが不足すると、骨や歯に蓄えられたカルシウムが供給されるため、血液や筋肉中のカルシウム不足状態が続くと骨はもろくなります。

 

 

カルシウム吸収を助けるビタミンD

 

カルシウムは体内への吸収効率があまりよくないため、カルシウムだけを単体でとっても骨は強くなりにくいのです。

 

うまく体に定着させるには、ほかの栄養素の協力が必要。

 

「骨に効くビタミン」ともいわれるビタミンDはそのひとつ。腸からのカルシウムの吸収を高めます。

 

たとえば、ビタミンDが豊富な魚介類やきのこ類にプロセスチーズのトッピングなら、チーズに含まれるカルシウムの吸収率がアップします。

 

さらに、ビタミンDは単独でも骨の新陳代謝を高め、丈夫な骨をつくる働きをサポートします。

 

日光にあたって適度に紫外線を浴びることで、皮下組織でのビタミンDの合成が活発になります。

 

骨を養うカルシウムとビタミンD関連ページ

肉(タンパク質)を意識して
肉(タンパク質)を意識して摂る
必要な総エネルギー量を摂る
中高年の筋肉と脳。どちらも「粗食」がいけない!
種類を問わすバランスよく
中高年の筋肉と脳。どちらも「粗食」がいけない!

 

だから、歩くのがいいあなたの知らない健康茶自重筋トレのススメビタミン・ミネラル活用事典ロボット知り始め