寝たきり予防へ

転倒・骨折・寝たきり。サルコペニアとは

 

加齢に伴い筋力が著しく低下していく老年症候群のひとつがサルコペニア。

 

これが高齢期の転倒・骨折・寝たきりなどの一番の原因になっていると考えられています。

 

語源は、サルコ=骨格筋・筋肉(Sarco)が、ペニア=減少(penia)からきています。

ロコモティブシンドローム

 

骨や関節、筋肉、動きの信号を伝える神経などが衰えて「立つ」「歩く」といった動作が困難になり、要介護や寝たきりになってしまう状態のこと、または、そのリスクが高い状態のことです。

運動器って?

 

運動器とは、骨・関節・筋肉・腱・靭帯・神経など、運動に関わる器官や組織の総称をいいます。

 

これらはすべてがそれぞれ連携しているので、どれひとつが悪くても体はうまく動きません。

 

誰でも加齢とともにリスクが高まるものなので、早めに対策を始めることが大切です。


 

だから、歩くのがいいあなたの知らない健康茶自重筋トレのススメビタミン・ミネラル活用事典ロボット知り始め