背中の痛みの原因にもなる

不自然な腕振りしてませんか

不自然な腕振り

 

歩行時の腕は、自然と振れるるようになっています。

 

わざわざ意識して腕を大きく振る必要はありません。

 

腕の自然な動きを無理に抑えようとすると歩いていてもすぐ疲れます。

 

これは、コルセットをした状態と似ています。

 

コルセットで腰を固定したまま歩くと、上半身と下半身の動きがブロックされてしまいます。

 

つまり、コルセットで腰を固定したまま歩くと、不自然に腕を振るか、必要以上に腕を大きく振って歩くことになります。

 

 

歩行時に腕を不自然に振るのは、こうしたコルセットをしている患者さんと同じ状態で、重心移動がスムーズに行われない歩き方になっています。

 

歩行中の不自然な腕の振りが背中の痛みの原因になったりしますし、自然な歩行の邪魔をしていることになります。

 

 これから大事な遅筋

 



 

だから、歩くのがいいあなたの知らない健康茶自重筋トレのススメビタミン・ミネラル活用事典ロボット知り始め