日本の社交ダンスの歴史

日本の社交ダンス

 

日本の社交ダンスは大正時代から一般化した

 

日本に初めてダンスが渡って来たのは、明治初期の、あの伊藤博文が当時の外交政策上の必要から.いわゆる「鹿鳴館」という舞踏会場を創設したのが始まりです。映画などで時折り、当時の舞踏風景が見られますね、あれです。

 

しかしこの伊藤博文の英断も一般大衆に浸透するまでには至らず、約三十年の空白時代を経て大正期(1918年)に入り横浜鶴見の花月園に一般のダンスホールもできました。

 

しかし、大正12年の関東大震災のため、ダンスの中心は一時神戸や大阪に移りました。

 

東京都内にダンスホールが復活したのは昭和初期、いわゆるモボ(モダンボーイ)、モガ(モダンガール)全盛時代からです。

 

銀座や東京駅前など数ケ所にもダンスホールが開設されて盛況を極め.第二次大戦直前(昭和15年)まで続きました。

 

戦争のため中断を余儀なくされていましたが、第二次大戦の終了後、つまり昭和20年代には続々とダンスホールが生まれ、ダンサーと呼ばれるホステスや教師の人たちも、職業として確立するところまできました。

 

ダンス協会の復会や普及などに伴う普及も活発になって、技術的にもかなり高度な水準に発展し、文字通り大衆のための社交ダンスとして活況を呈してきました。

 


だから、歩くのがいい中高年からの筋肉作りあなたの知らない健康茶ビタミン・ミネラル便利事典ドローンの時代