ライズ&フォールもなし。6歩で全回転

ウインナワルツ

Viennese Waltz(ウインナワルツ)は軽快な3拍子の音楽に乗ってクルクル回りながら踊るダンスです。
ウイーン発祥のワルツのため「ウインナワルツ」、または「ヴィニーズ・ウオルツ」と呼ばれています。

Viennese Waltz(ウインナワルツ)の特徴

Viennese Waltz(ウインナワルツ)の特徴は

 

スタンダード(モダン)種目のひとつです。
3拍子で、標準テンポ60(1分間に60小節)
いま踊られているダンスの中で、最も古いものです。
ふつうのワルツのように、ライズ&フォール(上下動)もスウエイ(傾斜)もしません。
壁に沿ってフロアを丸く回りますが、アンダー・ターン(回り方を少なく)し、フレッカーに入ります。
全体に踊りが早くならないように、ハッキリ踊ります。

 

などが挙げられます。

動画で見てみよう

どんなものなのか?動画で見てみます。
ウインナワルツ/BASIC


だから、歩くのがいい中高年からの筋肉作りあなたの知らない健康茶ビタミン・ミネラル便利事典ドローンの時代